節税コンサルタントの選び方

3つのポイント

Point1

​合法であるか

節税コンサルタントと名乗っている中に、脱税指南や、完全に非合法なやり方をさも合法のように提案している業者も多いです。場合によっては重加算税など、重いペナルティーを受けることもあります。きちんと見極めることが必要です。

Point2

最新の節税スキームを勉強しているか

毎年の税制改正や、通達などの情報をきちんと把握しているコンサルタントでしょうか。1年前の節税手法が、すでに非合法になっていることは日常茶飯事です。

​常に情報収集と、勉強をしていることが最低条件です。

​Point3

節税手法が偏っていないか

節税コンサルタントの中にはある特定のサービスや商品を使ったコンサルティングをしている者が大変多いです。
例えば不動産業者は不動産を使った節税、保険会社は保険を使った節税、銀行は融資前提の節税。
クライアントのことを一番に考えてくれる公正中立が必要です。